バリ島移住のために大切なのはビザと仕事

ここ数年、バリ島への移住を考え続けています。
バリ島へは、すでに何十回も通って、ある程度言葉も文化も分かっている。
それでも、普通の日本人に比べればまだましってだけで、やっぱり言葉も文化も移住の障害になってしまいそう。
でも、何よりも障害として立ちはだかるのは、やっぱりビザと仕事になります。
海外移住された方の体験談を読むと、やっぱりこの2つがネックになってるんですよね。
外国にロングステイするためには、だいたいどの国でもビザが必要です。
バリ島も、観光ビザだと30日までの滞在が限度で、それより長くなると、目的に応じたビザが必要になってきます。
そしてもちろん、観光ビザだとバリ島で働くことはできません。
こんな感じでいろいろ調べたのですが、内容が頻繁に変わるようでまったく要領を得ません。
そこで、バリ島移住.comという業者に問い合わせてみました。
一番簡単に移住するためには、どんなビザが必要なのか?
タイのように、ノマドワーク専用みたいなビザがあれば一番都合が良いので、そういうビザがないか?
その辺を問い合わせた結果、旅行ビザで入国して、スポンサーになってくれる地元の会社を探して就職するのが早道のようです。
そして、ノマドワークのビザは、発給しようという話はあるけど、まだ先の話になるようです。
他にもっと早い方法として、結婚ビザがあるようですが、これは難しいですね。
そして、もう一つの問題は仕事です!
仕事の場合は、マーケティングやマネジメント、語学あたりが堪能で外国人の相手ができるようだと、かなり良い収入になるようです。
そして、インドネシア語か英語がができると、日本語が強みにもなるようです。
日本人の相手ができますからね。
ただ、インドネシア語も英語も中途半端だから、なかなか難しい部分ではあると思います。
日本で副業をして、その副業をある程度育ててから海外移住という方も多いのですが、できればバリ島で働きたいという夢があるんですよね。
それで、仕事の面でも聞いてみたところ、担当者の方もやっぱり現地での就職で苦労されたんだとか。
マーケティングもマネジメントもできないし、語学もできないけど、その方の場合はWeb系のことが得意だったようで、Webがいかせる日系の会社に入り込めたそうです。
そして、仕事の面で今最大の問題は、コロナの影響でバリ島内の仕事が瀕死のようになってしまっているとのこと。
ほとんどが旅行に関わる仕事なので、かなりの会社がつぶれてしまっているようです。
観光客が戻ってきて、1年か2年ぐらい過ぎればかなり良くなるそうですが、今はかなり厳しい状況のようです。
ビザはもう少しで取得できるようになるけど、バリ島で仕事見つけるのは、あと1年か2年ぐらいしないと難しそうですね。
でも、バリ島移住の話は、もう何年も考え続けてる話なので、あと1年か2年ぐらいのびても良いとは思いますが。
こういうのって、なかなか思うように行かないですね。
まあ、ずっと温め続けてきた夢なので、もう少しねばり強く頑張ってみたいと思う。