呪術廻戦の見どころと感想をざっくり紹介!登場キャラの魅力についても深掘り。

呪術廻戦は、印象的に簡単に話すと決めるよりも大人っぽい漫画であり、私的にはすごく引き込まれて面白い話でした。異質なものと戦う話なので呪いを持ってして話を面白いようにして行とは思わず意外性のあるところが魅力的であり、魅力的なキャラクターもすごく良くて見やすくサクサク読める漫画でした。

映画上映前に原作をおさらいしておくなら電子書籍がさくっと読めておすすめです。とにかく無料で読みたい人のために電子書籍や漫画アプリを使って呪術廻戦を全巻無料で読めるサイトについてまとめているので参考にしてみてください。

若干漢字の数は多いのですが、それも慣れてくると読みやすく それほど苦痛になることはないです。漫画としての系譜がっつり描かれているのでそれほど頭を振り絞って考えたり驚きの展開が多すぎて疲れたり、逆に間延びすることをもなかった。

はじめの序盤ぐらいは面白く、失速感が目に届いてくる感じが否めませんが、それも最初だけで3巻になってかなり面白く疾走感を持って読むことができます。

勢いを取り戻した3巻あたりから、私の読んでいた往年の昔からのジャンプ漫画であるドラゴンボールなど今で言うとONE PIECEなどの期待値とはかなり下がりますが、それでも戦闘シーンなど読み応えがあり絵がたいへん綺麗なので面白いです。

呪術廻戦のちょっと辛いところと言いますか、他のキャラクターもあまりにもよく死にすぎるので現れた登場人物を掘り下げて感情移入する前に亡くなってしまうというところに寂しさを感じたのでした。

そんな呪術廻戦の魅力を語るのに欠かせないのが登場キャラクターの魅力です。ここからは登場人物の魅力について深掘りして紹介します。

虎杖悠仁は元々の運動神経が高いので宿儺を食べた時も交代するのが自由です。本来、宿儺を取り込んだら自分の意思で変えることは難しいのです。

五条悟は領域展開する時に目が見えるところが魅力です。なんてったって目が綺麗な水色だからです。

伏黒恵は影を操るのが技で虎杖が宿儺を食べてしまった時技を使わず何とか止めようと友達思いなとこが魅力です。

釘崎のバラは釘を扱っており女子なのに男勝りがあることが魅力です。

五条悟

まず魅力・人気がある理由として声、瞳、強さ、顔、話し方等がいいところだと思う。

先生で顔が整っていて最初の虎杖が宿儺を飲んだときでさえ10秒たっても余裕の表情が見られまた、じょうごが初めて出てきた時虎杖でさえも1番強いっていたが五条悟は『 だって君、弱いもん』と名ゼリフを言ったり、じょうごが領域展開をしてやばい雰囲気が出ていたにも関わらず五条悟が領域展開を覆いかえしたり圧倒的な強さを見せつけました。

その際には目にバンダナを覆っていたが綺麗な水色の瞳を見せかっこよさが目立ったのが魅力と人気の理由だと思う。他にも名ゼリフを何個かあって『 大丈夫、僕最強だから』や『 勝つさ』などで人気がさらに上がっているのだと思う。

虎杖悠仁

まず見た目からはやんちゃボーイな感じや男女どちらとも同じ話し方であったり友達思いや優しさが溢れているのが最高です。

中身なども運動神経が良かったり宿儺が危ない物なのに食べてしまうとこだったり何気にポンコツ感があるのもいいと思う。初めは宿儺を食べても特急クラスには叶わないが宿儺に変わり勝つことができる。

だけどどんなに怖くても戦う姿勢があるのも男気があってそこからもまた魅力を感じます。そして特急クラスでも強い弱いなどはあり、敵が強くても伏黒恵や、釘崎のバラ等仲間たちと戦っていきまた先輩などの力も借りて圧倒的な強さを見せつけるのが最高にカッコイイです。

いつかは五条悟とやり合う時が来たら、なんて思い想像するだけでも魅力が溢れます。