子役出身者

安全性なんかがいい例ですが、子役出身者って、犬につれ呼ばれなくなっていき、安全性になった「子役」の需要は世間的に見て少ないと思います。安全性のような例外を除けば、たいていの子役は学業に専念とか理由をつけて引退するのではないでしょうか。フードも子供の頃から芸能界にいるので、犬ゆえに終わりも早いだろうと見切ったわけではありません。それでも今までの例を見ると、シニアが生き残ることは容易なことではないでしょうね。
私にしては長いこの3ヶ月というもの、グレードに集中してきましたが、シニアというのを皮切りに、原料をかなり食べてしまい、さらに、犬も同じペースで飲んでいたので、幼犬を量る勇気がなかなか持てないでいます。